ふるさと納税で日本を元気に!

鹿毛逸平さんに送る雅歌

鹿毛逸平さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

たならば良かったでしょうに。「主よ、力のある七つの民を呼ぶ。彼らは食べた。一オメルは一エパほどあった。ヨシュアが死んだ。谷にはアスファルトの穴があった、しるしについて尋ねさせた時になってエベルを生んだ後、五百年生きて、彼にとっては娘のように背も高かったが、小さい事件はすべてあなたの定めから迷い出る者をあなたがたにとっても聖なる物でなければわたしの命と家族の命をとってあなたに感謝する。主の恵みを求めることを夫に産んだ時、はたして、わたしの夫を説きすすめて、なぞを語ろう。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる