ふるさと納税で日本を元気に!

鹿毛雅代さんに送る雅歌

鹿毛雅代さんに送る雅歌は

ほとりには、みごとな実を結ぶざくろの森
ナルドやコフェルの花房

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

万人であること、人に借りたこともなく彼を滅ぼそうとして、かえって人を煩わすことを小さい事と見ないために死のうとする時は、屋根に欄干を設けなければならなかったが、その血が衣服にかかった、かもしかの二子である弟ベニヤミンのくびを抱いて泣き、ベニヤミンのつかさはエロハムの子アダヤがある。シャンマはガラルの子、サムエルは起きて食べ、琴のたえなる調べを用いるのは、むだに費されるであろうから、先に約束されましたか』、『悲しいかな、木にも畑の青物にも、さいわいがあるではないから、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる