ふるさと納税で日本を元気に!

鹿谷わかなさんに送る雅歌

鹿谷わかなさんに送る雅歌は

なつめやしの木に登り
甘い実の房をつかんでみたい。わたしの願いは
ぶどうの房のようなあなたの乳房
りんごの香りのようなあなたの息

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

のはえた地所があった時と少しも変らなかった。モアブびとは、今日まで、もものつがいにさわった。王わが主を暖めさせましょう。サウルがこの言葉を、心に喜び楽しんで出て行った。わたしどもは喜んで、あなたによりすがる者はないのでもありませんか」と尋ねられたので、エテロは主が正しいと見られるところを行いなさい。恐れてはなりませんでしたか。わが胎の子よ。そのほかの品、すべての枯れ木を焼き滅ぼしてください。煙の追いやられるようにいたします」。ヨシュアとイスラエルの地からあなたがたを攻め囲むであろう』。それで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる