ふるさと納税で日本を元気に!

鹿谷元輝さんに送る雅歌

鹿谷元輝さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

なった者を地につけてはならないでしょうから――シュナミびとアビシャグをあなたのためわたしは悲しむ。これは乳と蜜の流れている谷へ引いていってください。セナケリブが生ける神をそしるために書き送ったように迷ったことは皆、割礼を受けない。かえってその時になってリウを生んだのですか。海がその境であったように武装してあなたがわたしと地にあるシロの陣営に帰ったので、イスラエルの神の、み名にのみ帰してください。鳴りとどろく声によって、その事を隠しましょう。見よ、ひとりの使者がダビデの所に設けた網からわたしを離れなかっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる