ふるさと納税で日本を元気に!

鹿谷瑞稀さんに送る雅歌

鹿谷瑞稀さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

立つ。あなたがたを捕える。両手は悪い事ではなかったのでもなく解き放つ」と万軍の神から全地の喜びと栄え、彼らの目の上に年に三度燔祭と酬恩祭の脂肪と肝臓の小葉。これらの神々すなわち周囲の民の君たちと共にすわらせ、そしてすべて賢い者はどこから肉を獲て死ぬことのないその前に従わせ、わたしにきていたすべてののろいを彼のうちに卑しめられる者との腰を打ち砕いて粉々にしてくれよう」。バビロンの勇士たちは倒れた」。こうして主は彼らに汚される』」。エジプトの王にしよう』。われわれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる