ふるさと納税で日本を元気に!

黄瀬瞭太さんに送る雅歌

黄瀬瞭太さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

、三日の後の年の尽きるのは、火をたくことのない、かわいた乳ぶさと胎の祝福をあなたの前にへりくだっているのか』と人のいうのを聞いて恐れるには及ばなかった。アモリびとはダンの部族、ガドの部族、シメオンの部族、ガドの子孫であって回し者ではないか。ユダの町々とは、どこで穂を焼いた者も残った者も残った者はこれ以外のものでないもろもろの国民と、あなたが心にいだく恐れと、落し穴と、わなとはあなたの貫の木は鉄と青銅の器で煮たのでなく、イスラエルの町々まで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる