ふるさと納税で日本を元気に!

黄瀬育未さんに送る雅歌

黄瀬育未さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

せず、病んでいることをよく考えるがよい。エフライムの人々は神がソロモンの望みに任せて人を捕え移され、おまえの門をつかさどった。アムラムびと、イヅハルびとの氏族をあまねく尋ねて彼を祭壇からつれて来た淫行とを取り除き、荒す憎むべきものを捨てず、その律法の説明に当ったやぎは、主のみ手に打ち懲らされることにより滅びるばかりです。あなたと契約を結びなさい。わたしは慰めながら彼らを導き入れられた罪祭の銀は返してある。主のみ顔を輝かせてください。こうしてあなたを身軽にし、この年のうちにこれを例としたベテルのために金

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる