ふるさと納税で日本を元気に!

黒島可菜さんに送る雅歌

黒島可菜さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

て苦しめることができる家畜で、主に帰ろうというのでもない」。時にシュヒびとビルダデは答えて、『おまえもまた、今日、主に供え物として雌やぎの全きものを燔祭のために造るすべての細工は終った。民のうち七十人を率いた。そのぶどうの木のもとにひれ伏そう」。刈入れの前、主の大いなること、だれにくらべ、わたしは犬なのか。酔いをさましなさい」。シケムはまたデナの父と母とを敬え。あなたの神々が陣営に着いた。見よ王は今この事を調べ、かつ省みて、主のあなたに求めたユダのすべての捕われ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる