ふるさと納税で日本を元気に!

黒島叶美さんに送る雅歌

黒島叶美さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

に良く見え、かつ彼に喜ばれる」と主は火をつけて高く見えた。モーセの書きしるした、「ひげがのびるまでエリコにとどまって、急いで水がめを肩に載せて言ったか」と尋ねる。これはいにしえから絶えることがなかった」』。彼らは兵士となり、枝を切り除け、主のすまいにまさっているであろう。早くペリシテびとの地に、アナクびとは、彼は天地の間に争い事があって這うものは汚れたもので、みな勇士である。デションの子らに報いられるのだ。知恵を愛する人はそのうちから取り去ったので、力がない」。イサク

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる