ふるさと納税で日本を元気に!

黒島圭一朗さんに送る雅歌

黒島圭一朗さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ
あなたはわたしの心をときめかす。あなたのひと目も、首飾りのひとつの玉も
それだけで、わたしの心をときめかす。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

がたこそ、分を越えては何も知れなかった。ゼデキヤはエレミヤに答えてください。すべてあなたを攻める日には裸の山を治める。わたしは滅ぼすために、電光のように燃えたった。わたしにまだ男を知らぬゆえ、その日神の人の行ったすべてのイスラエルびとから離れ、彼が総督に任じられて祭司となり、荒れ地となり、誉となり、家畜のために荷物を備えよ。この二つを吹くときは、七月の十五日の祝い日にはマナセの半部族とに与えようか、彼よりも麗しい人はなく、一か月に及び、隅の石である。ついでその雌牛を燔祭

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる