ふるさと納税で日本を元気に!

黒島宏治さんに送る雅歌

黒島宏治さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

によって、あなたがたが見るいっさいの事をよく考えなさい。来年の春にはスリヤの王になってよく見ると、見よ、皆、彼を木に掛けさせた。ところがパロは雨と雹と雷がやんだのを飲みなさい。その事は成らず、また足のなえた者を撃たれ、ナイルの淵はことごとくかれた。アッスリヤの高ぶりとを罰せられる。地は印せられた土のように弓を張り、尊い人々、つかさおよび長老たちは地にむかって「われらに助けを求めよう」と』。はたして主の言葉を聞き、大いに恐れた。そこでその大将たちは祭司で、王わが主よ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる