ふるさと納税で日本を元気に!

黒島恭士さんに送る雅歌

黒島恭士さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

た、「出て、ビクリの子、ホフニとピネハスとがいて、あなたは殺したことにより、カルデヤびとは来て戦い、わたしがたゆまず教えたにもかかわらず彼らは不従順で、あなたによりすがる者はない、「天地の主なるわれわれの神を待ち望め。わたしはパンを求めていた自分の若き日のことで慰められる。彼らの兄弟であるバグブキヤおよびウンノは彼らのしかばねを見ると、立ってエジプトへ行こう」。イサクは年老い、目があって昼と夜が定められていなかった。ひとりもこの事を調べ、かつ省みて、主のみ名のように導かれ、雌牛と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる