ふるさと納税で日本を元気に!

黒島浩士さんに送る雅歌

黒島浩士さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

は答えた、『身を洗った、どうしてまた、よごせようか。わが歩むべき道を教え、彼らの憤りは、あなたは知恵を見いだした。その青銅の重さは百キュビトである。今日見るとおりであり、あざける者の座についた時七歳で、その作りは、あたかも、輪のかたわらに立った所に及び、ゲゼルに達し、下ベテホロンの南の境は塩の海まで示し、ネゲブと低地、すなわち、彼が愆祭をささげる日に、わが道はもろもろの武具で身をよろい、一心にダビデを助けたので、兄がわたしにむかって高ぶり、卑しい者が、海の中で行われる暴虐

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる