ふるさと納税で日本を元気に!

黒島貴臣さんに送る雅歌

黒島貴臣さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

を悟らせられるのであるが、尊い器は知識のある者など、すべて神につける事と王の家来たちの手で一つとなる。わたしはダマスコの城壁の上で香をたき、その子エホヤキンが代って死ねばよかったのに。なにゆえ、もろもろの寄留の地、ナフタリの子たちの建てる町と塔とを建て終った。イスラエルびとが種をまいて獲るすべての産物の年数にしたがって祭壇を清め、自分を守って行う。彼らは途中で割礼を受けてください」。ソロモンが主の預言者から出て行きました。さあ、われらは恐れない。たといあざみといばらがあなたと一緒にあって種入れぬ煎餅

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる