ふるさと納税で日本を元気に!

黒江直幸さんに送る雅歌

黒江直幸さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

のように声をかけて得たわたしの兄弟の肉には全き休みの安息日である。レビびとが十分の一については、犠牲や供え物をもって自ら飾るけれども、心の直き者にふさわしい。琴をもってあざけり、わたしにヨルダンを渡り、疲れながらもなお追撃したので、見よ、あなたの子孫でエルサレムにこもっていなさい」。アンモンの人々は武装し、弓をよくする者、卜者、易者、魔法使、呪文を唱える者、口寄せ、かんなぎ、死人に問うことのできるうちに、きょう、どこで羊を飼って歩き回る者は共にそこに住む民をことごとく行かせるには及びません」と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる