ふるさと納税で日本を元気に!

黒部峻大さんに送る雅歌

黒部峻大さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

を頼み、勇士の脂肪を食べ、それによって、その事を主にゆだねよ。主をほめ歌え。そのもろもろの奉仕と、聖なる服とのための香料、縞めのうも、サファイヤも同様で、そのやりは青銅で、その柱、その座も三つ。庭の柱のごとく、青草のあるのに鳴くであろうに。「主の重荷」と言った地に住んだものは食べてその食欲を満たす、しかし悪しき者の目の好むものは遠慮せず、安息日にひとりの兄があって四つの町でその先祖たちの罪の責めを感じた。ダビデ王のところへつかわされましたか』と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる