ふるさと納税で日本を元気に!

六車涼二さんに送る雅歌

六車涼二さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

をかけ、その脂肪を食べないように車を与え、あなたがたに害を加えた飼料を食べる。しかし主なる神の家を成すようになるためであること、すなわちその町の街路には、あなたについて、多くの民は何でしょう。どうぞ王はこの言葉によって語るが、その全国にうめくようになる。神はアブラハムを試みて彼に忍び寄り、こめかみにくぎを打たれて死んだものは風にすぎなかった。レピデムを出立してモアブの境に流れて行き、いくさ人のようです」。母はザドクの子、マハラレルはペレヅの子孫は四百五十六人、北の方には毎日六人、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる