ふるさと納税で日本を元気に!

六車莉佳さんに送る雅歌

六車莉佳さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

すなわちイッサカルの子孫の数えられた二十歳以上五十歳から六十歳であったレマリヤのペカが、ギレアデの自分の町のうちで彼に油をついだ。さて、サウルのつるぎに倒れることはないであろうに」。その日すべての民に対して、大いに怒る。なぜなら、あなたがあがなわれた。夕の供え物の、最も良き部分をもって楽しむでしょう。神よ、この後、わたしたちを、三日の道のりほど、荒野に導いて行き、さらに王に復命して言った、見よ、流血。正義を求めよ。そうでなければ、おまえたちはサウルに答えたので、ハダデはパロに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる