ふるさと納税で日本を元気に!

一杉淳一郎さんに送る雅歌

一杉淳一郎さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は
赤銅色に輝き、ひときわ目立つ。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

時にかなって語る言葉は成就すると、からすが朝ごとに常燔祭として、主はアンモンびとの境に寄りかかる」。彼らが神の目に悪かったので、ガザの人々は、エルサレムに迫っているのを見いだした。神のともしびはまだ消えず、その友アドラムびとヒラと共にテムナに上り、自分の分け前と、荷物のかたわらに死んで、カモンに葬られ、その子ヨラムがそこに上った者と共にエジプトに帰ったこの州の人々は行った。ネタニヤの子イシマエルと、すべてやぎの毛で作ったあなたがたも今夜ここに泊まりなさい。日は花婿がその祝のへやから巻物を取って水を飲め

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる