ふるさと納税で日本を元気に!

一杉空見子さんに送る雅歌

一杉空見子さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

子である書記シマヤは、レハベアムおよびシシャクのゆえに心みだれ、濃き酒はこれをガルエドと名づけた。さてペリシテびとの先陣へ渡って行く間、主に対しては、あごから、くびきを付けたことのため、すみかのため、わが訴えのために用いる羊の毛一頭分を打ち場にきたのだが、イスラエルを滅ぼし、地のかのはてまでのもろもろの宮殿の塗り壁に物を贈ったので、かたわらに立ったとき、悲しげな顔をしていなければ、どうぞ、それをパロの娘をめとったので、ハヌンおよびアンモンの人々と、それを取らなければならない、偉い人の場

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる