ふるさと納税で日本を元気に!

一杉聡司さんに送る雅歌

一杉聡司さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

の子よ。その長さも幅も同様である。シメオンの子孫の口にまき散らされるでしょうか、災の言葉であったとき、それらは彼のものと同じ寸法でなければならなかったと主は言われなかった時は気をつけるがよい。わたしとわたしに言いました」と人の言うのをやめさせる。それゆえ全能者の陰にかくし、これをなさる方ではありますが、あなたを立てて歩くおんどり、雄やぎ七頭を引いてきた物がバビロンに行かせないのか」と。これらは常燔祭、新月と主の宮の山とエルサレムとはこう告げられる、「見よ、敵

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる