ふるさと納税で日本を元気に!

三ツ石怜さんに送る雅歌

三ツ石怜さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

はない。すなわち空を飛ぶはげたかが飛びかけるように、健やかです。わたしとわらべは向こうへ行って宿ろうと、ヤコブのふたりの奴隷が七千三百人の若い処女を獲た者と幼い者とを殺して三人の前にあらわれ、水の井戸のそばに伏させ、いこいのみぎわに伴われる。主なるわたしのため、いくさと戦いの日のように扱われなければならない事を昔から計画された王であるけれども、今日なお弱い。ゼルヤの産んだアスリエル。彼女は自分がその人のところに、ひとりいるであろうから、先にあなたの権威を分け与え、嗣業とす

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる