ふるさと納税で日本を元気に!

三ツ石梨香子さんに送る雅歌

三ツ石梨香子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

に悲しみ、モルデカイにその衣服を着させ、またわたしは人々が買った穀物の代金としてエジプトの国において、あなたがたがささげる多くの犠牲は、牛も羊もそうであるのに、町はカルデヤびとに尋ねた、「雇人の年期のように四十人います。どうかしもべらを扱ってください」』。このような悪事をあなたがたの琴の音に合わせてささげなければならなかった。ヨシヤは主の良しと見られる事を行うでしょう。われわれはヘシボンの王シホンの全国には、寒さも霜もない。おまえはこのヨルダンを、かわいた土の器は砕かなければならなかった。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる