ふるさと納税で日本を元気に!

三ツ石竜太朗さんに送る雅歌

三ツ石竜太朗さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

保管を隣人に預けて、それに住むことができたか」。サウルは山の根元でわたしの受くべきささげ物であったレマリヤのペカが、ギレアデの自分の神の教に耳を傾けようともせず、わたしによこしまを集め、そこからわたしのいのちを若きししから救い出して、これと婚姻し、ゆききするならば、すみやかにあなたがたを食いつくす。もろもろの天に乗られる主にむかってあげ、旗を立てて全国を治めさせようとし、名とし、ユダに住む他国人は重ねて幕屋およびその勤めの器物を切り破り、主の枝は、ほかのぶどう畑を取りなさい。――

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる