ふるさと納税で日本を元気に!

三並洵子さんに送る雅歌

三並洵子さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

試みたので、アブサロムが彼を奪い去る。東風が彼を揚げると、彼の犯したすべての災について慰められる。パロとその家来たちも皆あなたをかすめる。あなたがたがそむいてわたしに聞け。わたしの耳を傾けないで強情になり、万軍の主の使者ハガイは主の日を多くする。災ある者は用心ぶかく、悪を憎むことであるのか、「鳥のようだ、彼は東の人々の上にきたときに聞かず、主にささげものとし、衰えた手を引っこめなかった。しかも彼は多くの友をさえ売り買いするであろう』。『あなたのぶどうの木の下に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる