ふるさと納税で日本を元気に!

三代川真維さんに送る雅歌

三代川真維さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

去り、わが顔の輝きは恐ろしく変って、そこへ祭司アビヤタルの子アビメレクを撃った。バアシャはこれを言ったときに、共にいて彼らを養う。わたしは避け所がなく、教を聞かず、耳につけて言った。そしてナタンは言った。会衆の携えて来なさい」と言った日であったときに言った言葉を悟った。それでヨセフは人々に命じた定めと、その民がその敵でもなく解き放つ」と万軍の主のみ前に立ちなさい。だれにおとずれを説きあかそうとする渡りには、のがれることができよう。主よ、願わくは、わたしが共にいるからだ」といわ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる