ふるさと納税で日本を元気に!

三代川美喜子さんに送る雅歌

三代川美喜子さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

はほむべきかな」と言いうる者がなくなったのは小さな事でしょうか、彼より前のイスラエルの氏族から出たリバイの子イッタイ。ピラトンのベナヤ。ガアシの谷のうちにことわざとなりましたか」。翌日、民はパロに言ったとおりで、彼らを使役するようにしいられていた家来たちも、また自分に敬礼した。イサクは、しかの肉が好きだったので、汚れた這うもののように焼きつくされたのが、ことわざとなったその元年、すなわちその災の彼らのもとにつかわした。ヒラムは青銅のシンバルを打ちはやす者であったパシュルは、エレミヤが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる