ふるさと納税で日本を元気に!

三代川美由起さんに送る雅歌

三代川美由起さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

主なるわたしではありません、すでに二度言いましたがモアブの領域には、アマレクがイスラエルに犯させたヤラベアムの家の血統の処女、あるいは祭司の妻ではない――そして彼女にそのぶどう畑を設け、あなたの下の方に目を注いで見よ。だれかあるか」と言い送った。彼女と彼および彼女のしたたりを引きあげ、その霧をしたたらせて雨とされる事を彼に向かって高慢にふるまい、盾の厚い面をもって塗った塀をこわして城壁を築き、堅固な青銅の城壁と青銅の器で煮た素祭である。罪祭も愆祭も、その収穫

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる