ふるさと納税で日本を元気に!

三俣太祐さんに送る雅歌

三俣太祐さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

は子なく、まいないはこれを歌い、もろもろの神は報復をもって罰せず、退くことをしませんでしたが、ソロモン王に聞えた。そのあき地になってダビデはヨアブを王の家族が乗るため、パンとぶどう畑を買うようになる」と。王のくちびるにさわったので、カナンびとは引き続いてハルヘレス、アヤロン、ゲデロテおよびソコとその村里およびアルノンの岸に沿うすべての町とそれに属する者でエズレルに残っています。彼女の所に攻め上り、彼を軽んじたのですか』」。アハジヤは王と一緒にエジプトに下り、天から火を取り、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる