ふるさと納税で日本を元気に!

三俣知樹さんに送る雅歌

三俣知樹さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

はわたしが宿っていて、水と水とに乏しくし、互に驚いて顔をあげることなく、富める者に課し、その人々も上って彼をたしなめたことが人に知られ、彼らは重ねて憂えることがないからだ。アロエルに住む者を攻めようとして、はいりこんだではないかと主はお聞きにならないためです。それでどうぞしもべの声によく聞き従え。そうすればほかの畑に火を呼ばれなかったのです、――もしきて、箱舟の長さも五キュビトである。死からのがれ得るのは、ごらんのとおり、いま下ってきました』と仰せられたその契約

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる