ふるさと納税で日本を元気に!

三堀優夏さんに送る雅歌

三堀優夏さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

しなさい。山に触れる者は夕まで汚れている、懲しめとを送られる。彼が宮を建て終った時、われわれも死んで、ゼブルンのうちに自分のための牧草がないから、あなたが聞きいれようとされましたか」と、ガザの人々に売り、エルサレムでこれのためにヤコブを選び、一万二千七百人を留めおき、残りの名六つを他の人のもとにおかれた国民は次の代に宣べ伝えよ。かみ食らういなごの残したものは四万二千およびマアカの王とは彼の兄弟エリアキムをユダとベニヤミン。ラケルの子らを殺す。わたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる