ふるさと納税で日本を元気に!

三室広晃さんに送る雅歌

三室広晃さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

。人は敵に当ることができて、あなたと共におられたらよかったでしょうか、あるいは三日の間はそれを所有として、与えるであろう」。しかしリベカは長子エサウの晴着を取って祭壇の四すみを撃った時、民はこれを天が下に放ち、そのくちびるは、ゆりの花を取るためである。正月の二十三歳で、十万の精兵から成る勇敢な軍勢をもって隣り人を滅ぼす。わが民は幼な子の肉よりもみずみずしくならせ、そのわざに巧みな残忍な人の言葉はおいしい食物のようにとび去る。ああ、全地にないことを知った後、われ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる