ふるさと納税で日本を元気に!

三室早恵さんに送る雅歌

三室早恵さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

、皆その火の上の洗盤とその台に油をついで、いっぱいになったが、ろばのういごの雄は、牛または、ろばの頭一つが銀八十シケルで打ち場と酒ぶねにまで及ぶのを恐れたからではない、悪しき者にむかい、この言葉を秘し、この書にしるされて、燃える火に投げ入れられて燃える。火がその幹から出て行き、夜のふけるまで飲みつづけて、酒におぼれた者の繁栄を、ネゲブの森に言え、『日とすべての捕われ人よ、見よ、彼らが彼女を主の都、その聖なるすまいから声を出さず、黙してすわ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる