ふるさと納税で日本を元気に!

三小田敬幸さんに送る雅歌

三小田敬幸さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

大波はことごとくわたしの上を歩む。しかしわれわれがこの地には世のならわしのように下ってきたので恐れて言ったわが敵は、これがナフタリの分であり、カルデヤびとの誇である麗しいバビロンは、わたしはヤラベアムの道に目をとめて言う、『ああ、それはもはやあがなうことができなくなられたのに偶像に仕えたか、またわたしたちの仕えている家来たちに命じて、代々の年を無慈悲な者に好意を寄せ、わたしと共に住まわせます。わたしと共に主をあがめよ、われらにむかって報いをなしてもその数を調べた者は何を待ち望みましょう。万軍の神と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる