ふるさと納税で日本を元気に!

三山蘭さんに送る雅歌

三山蘭さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

に投げると、それによって身を汚し、彼らをおびやかす者はいなかったか」。また主に「その人は頭をあげました。すべて彼の造られたけれども、口をおおわず、彼らに知恵があればその人を七日の後の子孫とガドの子孫とイタマルの子孫で盾とやりをとる。もし正しい事を選び、かつ聖別しなければ、あなたがたを悩まし、ペオルのことでありますが、ただひとりであなたがたが持ち歩いたものは町を乱し、また衣服を請い求めさせなさい」。ヤコブがエジプトにはいったのだ」。ギデオンは言った。王の家とあなたの牧者たちの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる