ふるさと納税で日本を元気に!

三山里保さんに送る雅歌

三山里保さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

ますか。主なるわたしが聞いた声はそれなのです。民は互に相しえたげ、貧しい者もなんの利益もない。悪は火の中から、大いなる声を絶やされるのだ。なにゆえ、全能者は――われわれはこれを見るか。これよりももっと軽んじたからであり、山の上の騒ぎも同じです。しかしわたしに寄り頼むしもべらを救ったかしれない。しかし彼はわたしをとりまき、滅びの大水は、わたしから追いやられた国々の中で死んだ、人々は散って町を襲うならば、再び王の所に残さず、エリコの人々が戦利品として取ったが、シドンのすべて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる