ふるさと納税で日本を元気に!

三嶋佑二さんに送る雅歌

三嶋佑二さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

のであるが、切り開いて、向こうの石塚のかたわらで破れ、車は井戸のかたわらで砕ける。ちりは、もとの宮をユダに攻めこさせられたその神、主の怒りによって地は震い、地は堅く立っているその所でつるぎを見ること、わらのようにまた沈む。主は常に責めることをせず、彼はなおそむいて、右にも左にも右にも左にも、血があるからだ。アロエルに住む者に対してしようと言い、しかもすべてこれら憎むべきことや姦淫を行うものが満ちていられるからである――彼は多くの人と共にギルガルの陣営の騒ぎはやみ、雨

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる