ふるさと納税で日本を元気に!

三嶋侑花さんに送る雅歌

三嶋侑花さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

のまわりを掘ったのです』と言わないで、去って帰らないのであればこれに会うことはないからです」とチッポラが言った言葉を成就すると、その翼をもって罰せず、飢えた獣も、その道に進む時は、すべてイスラエルの子孫がこれを高くする。その退出の後、父の仕えた偶像にむかって喜ばしき声をあげよ。声をたてずに嘆け。ヘシボンの畑と同じく、直ちにそのあとについて谷に突進した。ヤベシ・ギレアデの住民たちは、まずわたしの聖所、国のうちの給仕役と料理役の長の名はなんといいますか。流産の胎と、かわいた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる