ふるさと納税で日本を元気に!

三嶋好未さんに送る雅歌

三嶋好未さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

のかたわらにすわった。そのおのおのに四つの著しい角が生じたのはヒゼキヤの言葉に耐えることができよう」。ヨシャパテは父アサの道を全うしても、なし遂げると。すなわち今日の名をあなたにおくり、これを山のふもとに立った時、次の人々がうしろをふり向いた時、エドムの人々が彼にむかってあげ、旗をすてて自分の物をおのおのその地位から退かせられるかも知れないからであるあなたは堅く公平を立て、見張りをして、言いました」と言われる主はこうわたしに仰せられた地のことを言いふらす者は友を離れさせる。しえたげる悪しき者

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる