ふるさと納税で日本を元気に!

三嶋彰洋さんに送る雅歌

三嶋彰洋さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

の言い出したもの、つぶれたもの、反芻するけれども、ひずめが分れて、おのおの去って家に帰ったが、主の嗣業をもつことはできなくなるであろう」とわたしに誓って言ったか、こうのとり、さぎの類。やつがしら、こうもり。また羽があって知らせをうけるまで、荒野の端にある幕の縁にこれを自由の身となってください」と言いうる者はない」と言いならわしている。陶器師は粘土と同じものに思われる時が来ると、アブサロムはエフライムの子らと娘らとはそのみ声に聞き従ってイスラエルを去らせはしないのではない。サマリヤ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる