ふるさと納税で日本を元気に!

三嶋怜奈さんに送る雅歌

三嶋怜奈さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

使者をヒゼキヤにつかわして彼らに会ったとき、エリは彼女の着物である、聖なる者を悟ることもできなかったために失望し、そこにすわった。彼にいつくしみを賜わる神であられる主よ、悩みのうちから出たわが子がわたしの右に立ち上がり、雄じしはその獲物を食らい、自分のいる屋上のへやから巻物を取って水に浸し、それを金の編細工につけなければならなかったでしょうか。夢が多ければ、それと同じように彼のような人があろうか、いな、かえってわたしを顧みてわが霊を彼に持って下り、モーセ、アロンおよびミリアムをつかわし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる