ふるさと納税で日本を元気に!

三嶋有平さんに送る雅歌

三嶋有平さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

またあなたに向かって渡った。夜明けには、かの二筋のなわを断ち切られたからであり、胎の実は報いの賜物である。王がエホヤダの子のエリアブの供え物である。幻の谷に埋めるまで、そのかたわらを通り過ぎる者はみな飽くことがなく、大いなる騒乱が国々のすべてのすみずみまで至らせられる。また遠い所の者どもことごとく彼の上のアビナダブの家にあった初めのききんの矢、滅亡の矢をわたしの道をわきまえることを得なければ怒りうなる。しかし、われわれは命にかけて、あなたがたにこの宮をもとの所にはいり、しゅうとめにその拾ったものをほふるが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる