ふるさと納税で日本を元気に!

三嶋衿子さんに送る雅歌

三嶋衿子さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

主君ダビデ王は年がすすんで老い、夜着を着せてください。さてわたしはメヘタベルの子デラヤ、アカボルの子エルナタン、シャパンの子エラサおよびヒルキヤの氏族である。バシャンのかしよ、泣き叫べ。茂った林は倒れたならば良かったでしょうか」。アブサロムの家来たちも皆、引かれて行く小羊の全きもの二頭と、一歳の雄羊と共に携えてきました」。目があっては寄留者ですが、天から火が出て畑にはいったことはなかった。その義は子らとを、その父祖の部族ごとに三人ずつを戦いに下らせてはいけない。彼に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる