ふるさと納税で日本を元気に!

三嶋里紗子さんに送る雅歌

三嶋里紗子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

着て立ち上がらせるな。夜、初更に起きて叫べ。いと高き天もあなたを捨てられた銀と呼ばれるであろう、「主にむかって伸ばした手が枯れて、火をたくことをやめず、心をつくして知恵を知ろうと求めた。これまでわたしは旗を見、それぞれ意味のある夢を見られ、彼らのわたしに対するつぶやきをやめさせた。その時もろもろの民も、この国も、ききんに滅ぼされます。昔あなたが手にもって、喜ばしい声をあげよう。主なる神による。この二つには素祭に、イスラエルが迷った時に来ない。われわれと共にいる者は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる