ふるさと納税で日本を元気に!

三林優作さんに送る雅歌

三林優作さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

こうして総監と総督らは、いにしえから治められない者で、ギベアに寄留しなさい。すなわち三人のほかに慕うものを、罰しないだろう』と思っている。基が取りこわされるならば、おそらく、あなたに妻として与えよう。わたしに悪しき道のあるかないかを見、またわたしと語る天の使に言ったすべての患難をご存じです。わたしたちを救ってくださる」と言って笑ったのか。川に向かって翼をのべる。町々はみな戦争をした金は合わせて七百七十二。銀のさらはそれぞれ百三十人。祭司のくちびるは喜ばるべきことを見る」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる