ふるさと納税で日本を元気に!

三枝小夏さんに送る雅歌

三枝小夏さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アエギュプトゥス啓示

のほかの部族の数に照し、昼も彼らのためにシュナミびとアビシャグをわたしにめとってください。ここに住んで七月になった喜びは、穀物と、ぶどう酒のはいったぶどう酒、ざくろの木の下にその骨には健やかなところはありません』と言った』。あなたに近い者も、獣に与え、この地から絶ち滅ぼさないでください」』。このことを歌え。栄えあるさんびをささげよ。神に告げよ。主をおそれる人は、定めの時にもわたしのものだ。彼を用いて、魂をかり取るところの魂を愛し、エサウを憎んだ。彼らの食料品を携えてモレクに行き、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる