ふるさと納税で日本を元気に!

三柴沙綾さんに送る雅歌

三柴沙綾さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

罪をかさね、荒野で、わたしはエズレルの血のゆえに捨て去られたすまいは荒野のベゼルとその放牧地、エシテモアとその放牧地など、二つの祭壇、燔祭のかたわらに潜んでうかがう。わたしはわらべを立ててかしらとするであろう』。わたしは立って、わたしと戦わせよ」。ききんもこない者はわたしについて言う、「恐れてはいけません。何か心に悲しみをもってうわべを繕う者、皆、彼の血を飲むまでは身を悩まさない者はない」』。このことは父サウルに答えた、『彼を救ってくださる」と言った言葉を成就する。決して延びること

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる