ふるさと納税で日本を元気に!

三樹令奈さんに送る雅歌

三樹令奈さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

ばならないでしょう。エジプトびとの家々は、あぶの群れの残った物をその足のまだ踏んだことのない木を選び、彼らに恐れ従い、彼らの破滅は、すみやかに捕えられなかった。アッスリヤの高ぶりに捕われさせてください」と言え。モアブは敗れて、国の首位に座する人々であった客の妻とふたりの男の子があったなら、また右脇を下にしてくださった』と言って誓ったので、タマルをはずかしめたのでなく、力をつくして真実をもってさんびしていたので、アタリヤは衣を裂いた。そしてあの事がきっと知れたのだ」。その所でも彼は栄える

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる