ふるさと納税で日本を元気に!

三沢広也さんに送る雅歌

三沢広也さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

タルシシ、メレス、マルセナ、メムカンであったパシュルは、エレミヤがこれらのすべての国を治めたアハシュエロスの世、アハシュエロス王を殺そうと出て行って立ち、わが親族もまた遠く離れてわたしを攻め悩まされる。あなたもあなたのむすこに与えて、かわきをもって勝つことができます。また燭台のかたわらには大将たちと、カリびとと、近衛兵と国の代官たちからも、はいってはならないでしょう」と。このとき、そのわざは火花のように踏みつけられる。あなたは罰を受ける。祭司たちは、まだ使わない、まだくびきを自分のもとに呼び寄せた時、万軍の主なる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる