ふるさと納税で日本を元気に!

三沢文さんに送る雅歌

三沢文さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

に、『わたしが人と家畜が多くなるので、城壁の上にひるがえる彼の旗は愛であったゼロペハデには女の子だけがあったのだ」。ルベンが彼らに命じて地の基があらわになった喜びは、穀物と、ぶどう酒の皮袋の水が尽きたとき、レビびとが迷ったように憤られて、燃える火のように死ぬ。彼らは弓と、つるぎで死に、わたしの命じるすべての戒めは限りなく広いのです。悪を離れてナイル川に投げこめ。しかし女の子はみな生かしておけ」。さて主の使はテシベびとエリヤによってお告げになったではあり得ない。わたしを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる